質問者

caldina0401さん

【賃貸】家計簿入門 どんな勘定科目?

経理について、仕訳の勘定科目を教えてください。


小さな個人事業所で働いています。
前任者からの引継もないまま担当となり、経理が他にいないため、わからない点が多々あります。
以下の仕訳に用いる勘定科目を教えてください。
宜しくお願いいたします。


●(定期的な)消防設備点検費用 ・・・雑費?管理費?
修繕費?


●事業用既存建物の外装リニューアル工事費 ・・・修繕費?
それとも資産科目(建物)の増加になりますか?


●地デジ対応工事費 ・・・修繕費?
それとも資産科目(建物)の増加になりますか? (建物の価値がupするから資産増…という理解は違いますか・・・)

●火災報知器の設置費(既存建物の場合と、新築の場合) ・・・新築は資産勘定に含めて(建築費と同じように建物勘定に含める)よいのでしょうか?既存建物の場合も資産増?
それとも修繕費?


●家電リサイクル費(新築工事に伴い生じたもの) ・・・雑費?


●事業用建物新築に伴う、既存建物(事業用建物ではなかったもの)の解体工事費
●事業用アパートの敷金を借主に返済 ・・・保証金(負債勘定)を減額すればいい?


違反申告

投稿日時:2016/03/18 13:27:51

投稿数:4 お礼:50枚

カテゴリ:賃貸

ベストアンサー

kaori_6770さん

ガス給湯器が点火するまでの仕組みは、給湯栓を開けて水が流れる→機器の流水スイッチ(センサー)が水の流れを感知する→流水スイッチがオンになると排気ファンが作動する→排気ファンの作動を確認するとスパーク(火花)を始める→スパークの確認をすると電磁弁のガス弁が開く→ガスバーナーが点火して水を温める。という流れになります。


実際の動作は瞬時ですが、蛇口をあけた時から水は流れていますから、点火してから機器の中の熱交換器をぐるぐるまわって給湯管を通り、蛇口に到達するまで多少の時間がかかるのは仕方ありません。
指摘のように配管が長ければ長いほどお湯がでてくるまで時間はかかる事になります。
冬場の水が冷たい時期は特に、温めきったお湯が出るまで時間差は大きくなります。


しかし今回のケースは給湯器から風呂場まで3m位との事ですから、給湯配管も長くても7m前後でしょうから、お湯が出てくるまでが長く感じるのであれば距離の問題ではなく、熱交換器の経年劣化による熱効率の悪化が原因だと思われます。
(燃費の悪化=ガスの消費増大)

使用の途中で水になるのは、失火して点火する動作が発生している事になりますが、いずれ故障するという機器のサインです。


故障の場合は、リモコンがあり温度表示のあるタイプであれば、温度とは関係ない数字が点滅して動作を受付なくなります。
(エラーコードと言います。修理を依頼する時に伝えると原因の特定がスムーズになります)温度表示のないタイプであれば運転ランプが点滅して動作を受付なくなります。


使用できている間は故障ではありません。
不具合がひとつでもあれば上記の状態になります。

45

違反申告

投稿日時:2016/03/18 16:14:37

関連する疑問

  • 母子家庭のお母さんに質問です。
  • 駐車場を無断で使われています。
  • 隣の住人について・・・、
  • 野球バカ親子!
  • 家を建てることについて悩んでいます・・家を建て...
  • 賃貸マンションでの駐車場でのトラブルについての...

一覧を見る

この話題に関連するタグ

賃貸

カテゴリQ&Aランキング

  • 1【共有名義の持分と住宅ローン控除について】土地...
  • 230代半ばの給料が少ない彼との結婚を迷っています。
  • 3マンションの掃除をした事が原因で悩んでいます。
  • 4マンションのエレベーターにプラダンがつけられる...
  • 5半同棲、生活費について同じ質問があるなかではあ...

一覧を見る

人気の話題

  • 住友不動産販売株式会社の迷惑チラシ住友不動産販...
  • 自動車の住所変更とか車庫証明について。
  • 賃貸アパートのフローリングにおけるヘコミ傷につ...

おすすめの疑問メモ

一覧を見る

カテゴリー一覧

賃貸