質問者

miiko39_39さん

【注文住宅】断熱材について ダブル断熱にするかどうか迷ってます

断熱材について ダブル断熱にするかどうか迷ってます。
注文住宅で間取りも決まり、来月はじめには建築確認申請提出予定です。
そこで断熱材について迷っています。
今は予算の都合で外断熱だけで予定していますが建ててもらう工務店はダブル断熱もできます。
内断熱はセルロースファイバーを使用していて私にとって防音が魅力なのですがプラス50万円するのでどうするか、すごく迷っています。


外断熱材 床ポリエチレンフォーム 厚40m 壁 ポリエチレンフォーム保温版 厚25m 小屋裏 スタイロエース 30m

建築面積 約13坪の総2階建てです。


ダブル断熱はどこまで期待できるのかがわかりませんので50万円出す価値があるのか悩むところです。


建築確認申請を出すまでに決めないと後で変更はできませんと営業の人に言われいろいろ調べたのですが、答えが出なかったのでどうぞよろしくお願いします。
補足補足です。
愛知県に住んでいます。
愛知県といっても車で10分ぐらい行くと夏になると最高気温が高いといわれる岐阜県なのですが。
窓はトステムのデュオPGでアルミサッシです。


違反申請

投稿日時:2016/03/25 13:27:51

投稿数:4 お礼:50枚

カテゴリ:注文住宅

ベストアンサー

rose42379さん

基本的に設計の人とかに説明受けたの?


ハウスメーカーや工務店はいい加減な事をするからお金のことだけで、性能とかについてちゃんと説明もして無いんだろうが、設計責任として説明ははたしてもらわないといけない。


そもそも、建物建てる場所が北海道の山の中と沖縄では全く違うよね?
それに一概にポリエチレンフォームといっても性能が色んなものがある。
だから、その性能x厚さで実際の断熱性が決まるから、質問の内容からだけでは解らないんだよね。


今の住宅の標準的な性能から言うと、特別に気をつけないといけないような、特別に寒いとか暑いとかの地域で無い限り、新省エネ基準というような基準があるから、その程度満足してればまあ良いけどね。
今は次世代省エネ基準という上の性能要求などもあって、それなら尚良いが、そこまで本当は必要とは思えない。
ただ良いに超したことは無いよ。


新省エネ基準は地域ごとに必要な断熱性が分かれてる。
寒い地域ほど普通は断熱性が上がる。
そして使う断熱材によって必要厚さが決まっている。


難しいことが書いてあるが、理解できなければ、設計者などにちゃんと今の性能はどういう決め方なのかなど聞く事。
決めるのは質問者だが、説明責任があるのは設計者。
理解できるかどうかは別としても説明を求められたら答える義務がある。


今の質問の内容からは、地域や、断熱材の質が解らないが、気候的に有利目なⅣ程度の地域、すなわち西日本や関東の太平洋側であっても床以外は性能不足といってよいレベルだろうね。
なので、オプションとしてダブルを設定しないとクレームがくると不安なんだろうと推測できる。
地域によってはセルロースのダブルはいらないが、ポリスチレンをもっと性能の良いフェノールなどにして厚さを増すとかが良い。
屋根はそれだけでは明らかに不足。




■補足があったので極端なQ値狂信者もいるようだから誤解が無いように親切に追加しとく

愛知県はⅣ地域と見て良い。
Ⅳ地域はⅤと共に現実論として最も断熱性に劣っても問題は無い地域と言える。


アルミサッシは冬季結露はする。
嫌なら樹脂にするしかない。
ただ、アルミもまだ多いし、海外でもアルミサッシは普通にあるので、どなたかの見てきたような記述は笑われる。
欧州でも極寒冷地では断熱サッシが常識というだけ。
当然、愛知は世界的基準から見ても極寒冷地ではない。


そのあたりは盆地で夏のフェーンで気温があがるが、屋根以外の気密性でない断熱性の設定は冬の気候で検討するのが普通である。


上に関して実際には夏の暑さも考慮しないといけないが、沖縄などの低緯度地域で太陽光による屋根への日射による不利差に比べると、夏の気温によるものは無視できる差でしかない。
冬季はかなり差がでるので冬季で決めるということ。


次世代省エネ基準は、現在の日本での一般的な公的基準の目安としては最も厳しい指数である。
ハウスメーカー中心にセールスの常套文句として適合した住宅が多いが、現実にはⅣ地域に関わらず日本の住宅はいまだ新築のほとんどが1つ前の基準である新省エネ基準程度の断熱であり、場合によってはこれも満足していないレベルである。
既存住宅においては言うまでも無い。


上の事で現実的に問題が起こるのはⅠ地域や長野などの山間部、条件が悪いとⅡ地域であって、その他の地域では、タンスの裏などは換気条件によって結露するが、現実論として厳しい次世代省エネ基準は選択肢としてあるが日本の過密化していない田舎などの大方の地域では明らかに過剰という判断をしても差し支えない。
通風が取れるような家のほうが余程快適。


厳しい、次世代基準にする事が悪い事と言っているのではないので誤解が無いよう。
次世代基準でも駄目というような高気密高断熱崇拝者がいるようなので現実的なレベルを示しているだけ。
海外の極寒冷地などで言う所の高気密・高断熱住宅は高い基準であり、日本の次世代レベルでもそう言えないような基準であるのは事実。
ただし、現実問題としてそのような高い基準が温暖な日本の一般地で必要かどうかは疑問。


物は性能が良いにこした事は無い。
ただし極端な話をすればF-1車両が一般の人には不要なのと同様、上を求めるのは良いが何処が適正かを見極める事が設計である。
そうでないものは単に過剰投資という。


Ⅳ地域でQ値が1.9以下って言うのはF-1までは言わないがF-3ぐらいの基準。
厳しい次世代省エネ基準でも愛知は2.7程度である。
数字が小さいほど良い。
1.9というのは、次世代省エネ基準でⅡ地域の東北や中部の山岳地で求められる値。


最近の北海道で1.3が標準というのはありえない。
逆に道東などの厳しい条件では以前からその程度はある場合がある。
全体的に高断熱高気密に関して勉強はしているのは解るが、本だけの知識では理想論がかいてあるので現実離れするということ。

45

違反申請

投稿日時:2016/03/25 16:14:37

質問した人からのお礼

ありがとうございました! 大変助かりました!

4

違反申請

投稿日時:2016/03/25 20:26:07

その他の投稿

4件中 1〜5件表示

loafer_socksさん

ログハウスのいいところだけを採用した住宅ってあるんですか?
この間、ログハウスのモデルハウスを見て、こんな家に住みたい!!と思いました。


木のぬくもり、シンプルな間取り、暖炉、天井が低い?
のかこじんまりとした感じで、

住んでいたら楽しそうだな~と思いました。


ただその後ログハウスのことを調べるとやっぱりメンテナンスのことや、

セトリング?
のことや虫のこと、雨に弱いなど考えるとわたし達夫婦にはログハウスは難しいかな・・・。
・・・。
と感じました。


そこで、外装はログハウスじゃなくていいんですが、内装?
がログハウスと全く同じような住宅ってあるんですか?


木を全面に使って、サイズもログハウスほどで、ログハウスをそのまま感じれる住宅が理想です。


注文住宅ではそのような注文が可能なんですかね?


どなたかご存知の方、教えてくださいませ。
宜しくお願いします。
補足ご回答いただいた皆様、本当にありがとうございました。
まだまだログハウスについて勉強しなければと感じましたし、今回ご回答をいただけてログハウス風のアレンジが可能だということ、またもしかしたらログハウスでもその種類によっては希望に添うものがあるかもしれないことが分かりました。
また質問等させていただくと思います。
その際はどうぞ宜しくお願いします。


0

違反申請

投稿日時:2016/03/25 19:34:10

loafer_socksさん

私も今、お客さんと家の妥協と値段を下げる事に必死になっています。
ただし、契約前です。
お客さんの支払い計画内の予算内に収まり、尚且つ希望要望をかなえて上げられるように方法を探っています。
屋根の形状をシンプルに変えたり、施主支給の方が格段に安く手に入る設備機器を探すなど、お客様の了解を得ながらコストダウンをはかっています。


HMの営業は何故そんなに強気でいられるのでしょう?
予算以上の契約をさせて、後でお客さんが支払いに苦しんでも平気なのでしょうか?
ローンに追われて夫婦して働きづめ、子供は放って置かれる、じゃ何の為に家を建てたのか分からないと思います。
しあわせに暮らすために家を建てるのでしょう?
私はそう願いをこめて設計していますので、その家のためにお客さんが苦しむのなら、私は新築など薦められません。
HMに依頼するお客さんはある程度お金をもっているから大丈夫なのでしょうか?
不思議です。


>契約前に営業が『どんな間取りがいいですか?』とメモ書きで書いていった物を元に見積もりを出し、契約の時には今の間取りから変更できますからといわれ契約をしました>間取り修正をしていくと契約時の見積もりより随分上がってしまいました。


メモのコピーは手元にありますか?
そこにすべて書いてありそれにそって見積もりされているのであれば、大幅に値上がりすることはないと思うのですが?
通常は間取りを変更する事は一番金額が変わることですから、これが未定で見積もりを出す、まして契約するなんて考えられません。
しかし、HMの規格住宅の場合は基本仕様が決まっていますから、このパターンにメモの要望を盛り込んだ内容で見積もりましたという説明だったという可能性もあります。
それならば「後で間取り変更できます(要望はすでに見積もり済みですから)」というのも分かるのですが。ポイントは、契約にかかわる‘メモ書きで書いていった物を元に出した見積もり’だと思います。
確かに契約書にはんを押したという事は、施主に確認の義務があるでしょう。
が、営業マンがたとえ言葉だけでも、あたかもすべての要望を盛り込んだうえでの見積もりであると思い込ませて契約させたのなら、法的な落ち度があるのではないかとも思えます。


質問者さんは契約時に確認しなかったことを受け止め、値引き不可能ならばあきらめようとお考えなのですよね。
お客さんが納得されるのならしかたがないのかもしれません。
でも、いつまでもこんな契約のやり方でいいのかと憤りを感じます。
はんを押す時は慎重にという自己防衛しかないのでしょうか?
・・・。(><)・・・。

0

違反申請

投稿日時:2016/03/25 21:17:33

loafer_socksさん

お姑さんとうまくいきません。
嫁いで十数年。
事あるごとに義姉と比べられ、ストレスで病気にもなりました。
私にも落ち度は沢山あるだろうし、可愛げのない嫁かもしれませを。
ですが、やれる事は出来る範囲でしてきたつもりです。
病院や買い物の送迎、お姑さんが旅行に行くときはペットのお世話に泊まりに行ったり。
小言にも堪えてきました。
でも小言に堪えきれず主人や子供にあたり散らして自己嫌悪に陥る事もありました。
自分なりに頑張ったつもりです。
でも孫の可愛がり方の違い、義姉と私への扱いの違いに悲しくなります。
義姉が風邪をひけば食事を作って持って行きますが、すぐ隣に住む私が風邪をひいても同様な事はしてくれません。
義姉の子供の習い事の月謝もお姑さんが負担してる事も最近しりました。
私の子供には一切の援助はありません。
義姉もお姑さんには『家計が苦しい』と常々言ってるのを聞きます。お姑さんもそんな話を聞いたら援助せざるを得ないのでしょうが。
そう仕向けてる義姉にも苛々します。
なのに、何かと義姉と比べられ、『 さんは何々が出来て凄いわよね。
さん(私です)にも少しは得意なものがあればいいのに』など言われて消沈する事もありました。
今日、お姑さんから聞いてショックだったのが義姉夫婦の改築中の家はお姑さんがほぼお金を負担しているということ。
私達夫婦が隣に家を建てた時には一切の援助はありませんでした。
私たち夫婦も決して裕福ではありません。
どちらかといえば義姉夫婦の方が裕福です。
弟である主人が地元に残って家を建てるのに援助がなく、少し離れた義姉夫婦の改築には援助するなんて。
モヤモヤして仕方ありません。
義姉も時々にしかお姑さんの所に顔ださないのに。
どうして扱いがちがうのか。
同じ嫁同士で比べられて辛い思いされてる方いますか…補足義姉は主人の兄のお嫁さんです。
分かりにくい書き方してすみません。
感情を書きなぐってしまったもので… 主人は二人兄弟の弟です。


0

違反申請

投稿日時:2016/03/25 22:07:49

関連する疑問

  • 年下で立派な家を建てた隣人に嫉妬してしまいます。
  • ローコスト住宅以下で条件を揃えて見積を取る方法...
  • 新築の家の建て方、というか契約までの流れについ...
  • 築浅物件・・・・・・・・。
  • 注文住宅 設備の値段についてです。
  • 住宅購入を考えています。

一覧を見る

この話題に関連するタグ

注文住宅

カテゴリQ&Aランキング

  • 1建売住宅は手抜き工事が多いのでしょうか?
  • 2固定資産税について教えて下さい。
  • 3新築を建てるならハウスメーカー?
  • 4INAXの値引率について教えて下さい!
  • 5室内干し用ワイヤー pid と ホスクリーン(手動、...

一覧を見る

人気の質問

  • スペーシアか二重サッシかで迷っています。
  • 軒天・破風の色 納得出来ません。
  • 積水ハウスで注文住宅の打合せ、こんな状態でいい...

おすすめの疑問メモ

  • セコムとALSOK、どちらがお勧めですか?
  • 大型FIX窓につけるレースカーテン、バーチカルブラ...
  • 建売ってダメ?

一覧を見る

カテゴリー一覧

注文住宅